インターネットと古本処分


古本業界も例にもれず、グローバリゼーションの波をもろに受けてしまっているのではないかと思います。
つまりどういうことかと申しますと「価格が非常に均一化している」ということです。理由はもちろん、アマゾンの大普及が一番に挙げられるかと思います。スマートホンがひとつあれば、誰でもどこででも適正価格(?)がすぐに判明してしまうという、買い手にとっては喜ばしいことかもしれませんが、売り手にとっては非常に厳しい状態になっています。

インターネットが存在していないときには、珍しい本を探す手段は限られていました。「一期一会」の本との出会いは、これを逃すと次はいつ…という思いもあって、多少高くとも買っていましたし(売れていましたし)、なかにはトンデモナイ値段をつけている古本屋もありましたが、今はそうはいきません。
さて本題です。古本を高く売る、というのはたいへんです。費用対効果、ということを考えますと、もう何も考えずに「ブックオ○」の出張サービスを呼んでしまったほうが良いくらいかもしれません。手間がかからずにあっという間にさばけてしまいます。ですが、まぁもったいないです。

ならば自分でアマゾンなども出品する…これがおそらく最も高く売ることができますが、手間暇を考えるとたいへんです。何よりも、いつ売れるのかがわかりませんから在庫することになりますし、売れたら売れたですぐに反応しなくてはなりません(梱包や郵送など)ので面倒です。

ではどうするか? もう適材適所で売りさばくしか方法はありません。値段がつかないようなゴミ本(言葉は悪いですが)はブックオ○へ、それ以外は専門店へこまめに持参する。
「こまめ」と書きましたが、経験上ではあまりまとめて売ろうとすると単価はやはり下がると思います。ほどほど(段ボールひと箱等)くらいずつ処分するのが、一番値段がつきやすい気がします。著名人の蔵書ならばいざしらず、市井の蔵書など買いたたかれるのがオチですから。こまめに持っていくと人相手ですから、まぁサービスしてくれます。

新しめの本はブックオ○がやはり良いようです。ブックオ○などは、アルバイトが値付けしていますから人によって値段がずいぶんと違います。「あらためてもってきます」と言って何軒か比較すると、倍以上違うなんてこともザラにありますので注意が必要です。

最後に、書き込みがある本は絶対に抜いておくこと。中身を全部吟味するなんてなかなかしませんから、一冊でも書き込みがある本が見つかってしまうと全体的に安くされてしまいます。
以上。手間暇かけられるならばやはり自分で売るのが一番。それ以外はあまり期待できない…というのが結論といえば結論にはなります。